【会場受講】ショパンが愛したピアノ~プレイエルの魅力

来る5月21日(金)14:00〜15:30、朝日カルチャーセンターの講座に、コンサート・チューナー、タカギクラヴィア株式会社社長・高木裕氏と御一緒させていただきます。今回は新宿教室から場所を変え、タカギクラヴィア松濤サロンでの出張講座です。5/28(金)から一週間、アーカイブ動画配信による受講も可能です。会場での聴講は30名限定になりますが、よりプレイエルの温かい響きをそばで感じていただけると思います。プレイエルにまつわる興味深い高木氏のお話が今からとても楽しみです。ちょうどショパン30歳、もしかしたら実際にショパンが奏でたかもしれない(!?)1843年製プレイエルの物語、そして響きをお楽しみいただけたら嬉しいです。

【会場受講】ショパンが愛したピアノ~プレイエルの魅力
 1807年フランス・パリでうまれたピアノ「プレイエル」。そのあたたかな音色と歌声のような伸びのある響きは、当時を生きた作曲家から、現代まで人々を魅了し続けています。なかでもショパンはプレイエルを愛してやまず、プレイエル社のコンサートサロン”サル・プレイエル”でのデビューから、終生プレイエルを愛用しました。「気分が良く...

コメント

タイトルとURLをコピーしました