Shedule

※各ポスターをクリックすると拡大してご覧頂けます。

親子のためのクラシックコンサート

2021年6月24日(木) 14:00~16:00 かなっくホール(横浜市神奈川区民文化センター)

これから出産を控えるお母さんとその家族の方々へ贈るこのコンサートは、昨年発令された緊急事態宣言期間と重なり延期になっていました。一年以上経っても状況は変わらず、むしろ緊迫感が増しています。妊婦さんにとって、まさに出産は命懸けですね。不安なこともあると思いますが、音楽で安らぎの時間をお届けできたらと思います。今年こそ開催できますように。

■出演者
チェロ:マルモ・ササキ
ヴァイオリン:大河内 涼子
ピアノ:藤井 亜紀
おはなし:高柳 起久恵

演奏予定曲
モーツァルト:アイネクライネナハトムジークより第一楽章
メンデルスゾーン:ピアノ三重奏第一番ニ短調op.49より第一楽章
サン₌サーンス:白鳥
モンティ:チャルダッシュ
エルガー:愛の挨拶

チケット
150名様無料ご招待
先着順受付・お申込み〆切は6/17(木)です。
マタニティの方の参加OK

主催
横浜キワニスクラブ

お問い合わせ
横浜キワニスクラブ事務局:TEL045-661-0918

朝日カルチャーセンター・新宿教室 講師

2021年5月29日(土)13:00~14:30  朝日カルチャーセンター・新宿

ベートーヴェのハ短調、そして壮大な変奏という宇宙

モーツァルトのソナタの中で、短調で書かれたソナタは、僅か二曲。その二曲とも、何かに駆られるようなエネルギーやデモーニッシュさを感じます。小林秀雄氏の” モーツァルトの哀しみは疾走する。涙は追いつかない“の言葉そのものと言えるでしょう。全二回で二曲にクローズアップします。

ベートーヴェンのハ短調、そして壮大な変奏という宇宙
 ベートーヴェンの大傑作にはハ短調が目立ちます。交響曲「運命」、ピアノソナタ「悲愴」、ピアノ協奏曲第3番などもハ短調です。 その中で、私が最も愛する作品の中の『自作の主題による32の変奏曲』と『ピアノソナタ第32番』を比較して、全32曲の終曲を飾るピアノソナタの終楽章が壮大な変奏曲になっていること(偶然にも、32という...
【オンライン受講】ショパンが愛したピアノ~プレイエルの魅力

2021年5月21日(金)14:00〜15:30 タカギクラヴィア松濤サロン

コンサート・チューナー、タカギクラヴィア株式会社社長・高木裕氏と御一緒させていただきます。今回は新宿教室から場所を変え、タカギクラヴィア松濤サロンでの出張講座です。5/28(金)から一週間、アーカイブ動画配信による受講も可能です。会場での聴講は30名限定になりますが、よりプレイエルの温かい響きをそばで感じていただけると思います。プレイエルにまつわる興味深い高木氏のお話が今からとても楽しみです。ちょうどショパン30歳、もしかしたら実際にショパンが奏でたかもしれない(!?)1843年製プレイエルの物語、そして響きをお楽しみいただけたら嬉しいです。

【オンライン受講】ショパンが愛したピアノ~プレイエルの魅力
 1807年フランス・パリでうまれたピアノ「プレイエル」。そのあたたかな音色と歌声のような伸びのある響きは、当時を生きた作曲家から、現代まで人々を魅了し続けています。なかでもショパンはプレイエルを愛してやまず、プレイエル社のコンサートサロン”サル・プレイエル”でのデビューから、終生プレイエルを愛用しました。「気分が良く...
【会場受講】ショパンが愛したピアノ~プレイエルの魅力

2021年5月21日(金)14:00〜15:30 タカギクラヴィア松濤サロン

コンサート・チューナー、タカギクラヴィア株式会社社長・高木裕氏と御一緒させていただきます。今回は新宿教室から場所を変え、タカギクラヴィア松濤サロンでの出張講座です。5/28(金)から一週間、アーカイブ動画配信による受講も可能です。会場での聴講は30名限定になりますが、よりプレイエルの温かい響きをそばで感じていただけると思います。プレイエルにまつわる興味深い高木氏のお話が今からとても楽しみです。ちょうどショパン30歳、もしかしたら実際にショパンが奏でたかもしれない(!?)1843年製プレイエルの物語、そして響きをお楽しみいただけたら嬉しいです。

【会場受講】ショパンが愛したピアノ~プレイエルの魅力
 1807年フランス・パリでうまれたピアノ「プレイエル」。そのあたたかな音色と歌声のような伸びのある響きは、当時を生きた作曲家から、現代まで人々を魅了し続けています。なかでもショパンはプレイエルを愛してやまず、プレイエル社のコンサートサロン”サル・プレイエル”でのデビューから、終生プレイエルを愛用しました。「気分が良く...
朝日カルチャーセンター・新宿教室 講師

2021年2月27日・3月13日(土)10:30~12:00  朝日カルチャーセンター・新宿

モーツァルトの短調ソナタ 〜哀しみは疾走する〜

モーツァルトのソナタの中で、短調で書かれたソナタは、僅か二曲。その二曲とも、何かに駆られるようなエネルギーやデモーニッシュさを感じます。小林秀雄氏の” モーツァルトの哀しみは疾走する。涙は追いつかない“の言葉そのものと言えるでしょう。全二回で二曲にクローズアップします。

モーツァルトの短調ソナタ
 モーツァルトのソナタの中で、短調で書かれたソナタは、僅か二曲。その二曲とも、何かに駆られるようなエネルギーやデモーニッシュさを感じます。小林秀雄氏の” モーツァルトの哀しみは疾走する。涙は追いつかない“の言葉そのものと言えるでしょう。全二回で二曲にクローズアップします。 (講師・記)
CDご予約のご案内です ♪

2021年2月17(水)

2021年2月17日に、CD「AKI FUJII plays Chopin Études with Pleyel 1843」が発売されます。沢山の方々のお力をいただきながら完成した、私にとって初めてのソロのCDです。私なりの精一杯の思いを込めて演奏をしました。✨
✨是非お聴きいただけましたら幸いです。✨

もしお手に取っていただけるようでしたら、本ホームページのお問い合わせフォームでもご予約をお受けしております。お問い合わせフォームにお名前と住所をご教示下さいませ。その際にお振り込み方法についてもご案内をさせていただきます。送料は無料になります。✨

大切にお手元にお届けいたします。✨
どうぞ宜しくお願いいたします。✨

藤井亜紀


On February 17th, my solo CD “Aki Fujii Plays Chopin Études with Pleyel 1843” will finally be released. This CD will also be sold on Amazon.

【料金】3000円+税

【使用楽器】プレイエル社 1843年製80鍵フォルテピアノ(430Hz)

【企画制作】タカギクラヴィア株式会社
【発売元】T&Kエンタテインメント株式会社
【販売元】コロムビア・マーケティング株式会社

FM MUSIC BIRDに出演します。

2021年1月31日(土) 11:15から15分間 

1月31日(日) 11:15から15分間、小山ジャネット 愛子さんがパーソナリティーを務める番組「Botanica」にゲスト出演します。

美・食・旅をテーマに、自分らしく生きる女性のためのライフスタイルを提案番組の『Art de Vivre〜ライフ・イズ・アート〜』というコーナーで、ジャネットさんと共に、私にとっての暮らしの中のこだわりなど楽しくお話をさせていただく予定です。

とても楽しみです。

小山ジャネット愛子 Botanica(生放送) | MUSIC BIRD-全国のコミュニティFM向け番組配信サービス
美・食・旅をテーマに、自分らしく生きる女性のためのライフスタイルを提案番組。
朝日カルチャーセンター・新宿教室 講師

2020年11月21日(土) 13:00〜14:30 朝日カルチャーセンター・新宿

ショパン エチュードという名の芸術 作品25 第7~12番

ショパンは、誰にも追随することのない独特な演奏テクニックの持ち主でした。作品はテクニックに裏づけされて作られていますが、その真髄を知るために、練習曲集全曲を体感することはかけがえのないものになります。作品10と作品25の全24曲は、練習曲と名付けるには、あまりにも芸術的で美しく、むしろ演奏会用性格的小品集とも言えるでしょう。弟子達に「何よりも大切なのは、自分の音を聴くこと、耳を傾けること」と伝えていたショパン。指の鍛錬のみならず音楽の実現の為に必要な運指法、フレージング、デュナーミク、リズムから微妙な音楽的ニュアンスまで、さまざまな要素を、本講座で一回に6曲ずつ、演奏とともに進めてまいります。 (講師・記) 

カワイ音楽研究会 講師

2020年10月23日(金) 宇都宮

カワイ音楽研究会 講師

2020年10月21日(水) 長岡

カワイ音楽研究会 講師

2020年10月20日(火) 川口

カワイ音楽研究会 講師

2020年10月13日(火) 船橋

取手松陽高校音楽科芸術鑑賞会(音楽科講師による)

2020年10月12日(月) 

カワイ音楽研究会 講師

2020年10月9日(金) 前橋

木馬プロジェクト始動!
森のコンサートシリーズvol.5   音楽歌物語「木馬がのった白い船」

2020年10月3日(土) 2回公演 お茶の水東京ガーデンパレス・ホワイトチャペルホール
①13:30開演(13時開場・休憩なし55分公演)
②15:30開演(15時開場・休憩なし55分公演)

森のコンサートシリーズ

演目(1回目・2回目同内容・入れ替え制)
「ブドウのつゆ」
詩:まど・みちお
作曲:木村哲郎

音楽歌物語「木馬がのった白い船」
原作:立原えりか
作曲:木村哲郎

■出演者
うた(木馬):上田 亜希子
うた(ゆうびん局長):中馬 美和
うた(山口イサク):米谷 毅彦
ナレーション:原 きよ
クラリネット:大藤 豪一郎
ファゴット:磯崎 政徳
ピアノ:藤井 亜紀
指揮:木村 哲郎


チケット
一般:5,000円
25歳以下:1,000円
感染防止対策のため各回36名限定

お申込み
森の五重奏団・森の合奏団事務局
morigo@mori-no-orchestra.jp
までメールにてお申し込み下さい。

YouTube生配信
https://youtu.be/ogExZRwb0oM

制作
森の五重奏団・森の合奏団、株式会社音はこ

カワイ・バッハ音楽研究会 講師

2020年9月11日(金) 長岡

平均律クラヴィーア曲集より

カワイ音楽研究会 講師

2020年9月8日(火)  東京

邦人作曲家によるピアノ作品新作研究

朝日カルチャーセンター・新宿教室 講師

2020年8月29日(土) 13:00〜14:30 朝日カルチャーセンター・新宿

第三回「エチュードという名の芸術〜ショパン・エチュードOp.25-1〜6」

ショパンは、誰にも追随することのない独特な演奏テクニックの持ち主でした。作品はテクニックに裏づけされて作られていますが、その真髄を知るために、練習曲集全曲を体感することはかけがえのないものになります。作品10と作品25の全24曲は、練習曲と名付けるには、あまりにも芸術的で美しく、むしろ演奏会用性格的小品集とも言えるでしょう。弟子達に「何よりも大切なのは、自分の音を聴くこと、耳を傾けること」と伝えていたショパン。指の鍛錬のみならず音楽の実現の為に必要な運指法、フレージング、デュナーミク、リズムから微妙な音楽的ニュアンスまで、さまざまな要素を、本講座で一回に6曲ずつ、演奏とともに進めてまいります。 

カワイ・バッハ音楽研究会 講師

2020年7月29日(水)  宇都宮

崎野敏明 チェロリサイタル

2020年7月18日(土) 16:00開演(15:30開場) やなか音楽ホール

第12回 ラ・ムジカ・ソノーレ
チェロリサイタル

チェロ:崎野敏明
ピアノ:藤井亜紀

A.ヴィヴァルディ / チェロソナタ第1番変ロ長調 RV.47
J.S.バッハ / ヴィオラ・ダ・ガンバソナタ第3番ト短調BWV1029
L.V.ベートーヴェン / チェロソナタ第3番イ長調op.69

一般 5,000円 / 学生 2,500円 / ムジカ・ソノーレ後援会会員 4,000円

60席限定 ※要予約

チケット・お問い合わせ:
M&H  ℡043-258-1895
崎野(留守電)04-7153-1540 sakinoti@mac.com

主催:ラ・ムジカ・ソノーレ

第25回 横浜キワニスクラブ マタニティコンサート 中止

2020年3月31日(火) 14:00~16:00開演(13:20開場) かなっくホール(横浜市神奈川区民文化センター)

出演者:
チェロ:マルモ・ササキ
ヴァイオリン:物集女純子(東京室内管弦楽団ソロ・コンサートマスター)
ピアノ:藤井亜紀

演奏予定曲:
モーツァルト / アイネクライネナハトムジークより第一楽章
メンデルスゾーン / ピアノ三重奏第1番ニ短調op.49より第一楽章
サン=サーンス / 白鳥
モンティ / チャルダッシュ
エルガー /愛の挨拶

お問い合わせ:横浜キワニスクラブ事務局 ℡045-661-0918

主催:横浜キワニスクラブ

朝日カルチャーセンター・新宿校 講座

2020年3月21日(土) 13:00〜14:30 朝日カルチャーセンター・新宿校

「エチュードという名の芸術」第二回
ショパン:エチュード Op.10より 第7番〜第12番


ショパンは、誰にも追随することのない独特な演奏テクニックの持ち主でした。作品はテクニックに裏づけされて作られていますが、その真髄を知るために、練習曲集全曲を体感することはかけがえのないものになります。作品10と作品25の全24曲は、練習曲と名付けるには、あまりにも芸術的で美しく、むしろ演奏会用性格的小品集とも言えるでしょう。弟子達に「何よりも大切なのは、自分の音を聴くこと、耳を傾けること」と伝えていたショパン。指の鍛錬のみならず音楽の実現の為に必要な運指法、フレージング、デュナーミク、リズムから微妙な音楽的ニュアンスまで、さまざまな要素を、本講座で一回に6曲づつ、演奏とともに進めてまいります。 

ハンガリー・ソルノク市立交響楽団定期演奏会

2020年2月27日(月) 19:00〜21:00 ハンガリー・ヤース・ナジクン・ ソルノク県

Prokofiev: Symphony No.1 C-Dur Op.25
Schostakovich : Piano Concerto No.1 c-moll Op.35
Beethoven : Symphony No.5 c-moll Op.67

Conductor: Péter Dobszay
Piano: AKI FUJII
Trumpet: István Siket

County Hall in Szolnok, Hungary

聖徳大学オープンアカデミー公開講座

2020年2月8日(土) 13:00〜14:25  聖徳大学 1号館3階香順メディアホール

音楽学部 ピアノリレー講座
ピアノの魅力Part9

「エチュードという名の芸術」

エチュード(練習曲)というにはあまりにも美しく芸術的な名曲の数々。ショパンやリストなど、ピアニストとしても一世を風靡した作曲家のピアニズムに、技術的、音楽的要素が凝縮されたエチュード作品から迫っていきます。

タイトルとURLをコピーしました