朝日カルチャーセンター・新宿教室 講座

モーツァルトの短調ソナタ 〜哀しみは疾走する〜

モーツァルトのソナタの中で、短調で書かれたソナタは、僅か二曲。その二曲とも、何かに駆られるようなエネルギーやデモーニッシュさを感じます。小林秀雄氏の” モーツァルトの哀しみは疾走する。涙は追いつかない“の言葉そのものと言えるでしょう。全二回で二曲にクローズアップします。

モーツァルトの短調ソナタ
 モーツァルトのソナタの中で、短調で書かれたソナタは、僅か二曲。その二曲とも、何かに駆られるようなエネルギーやデモーニッシュさを感じます。小林秀雄氏の” モーツァルトの哀しみは疾走する。涙は追いつかない“の言葉そのものと言えるでしょう。全二回で二曲にクローズアップします。 (講師・記)

コメント

タイトルとURLをコピーしました