BLOG

ブログ

新しいCD「祈りの軌跡 プレイ・バッハ」がリリースされます。

7月6日に、新しいCD『藤井亜紀 PRAY to BACH〜祈りの軌跡』が(株)フォンテックよりリリースされます。多くのお力添えをいただき実現した2014年の浜離宮朝日ホールでのオール・バッハ・リサイタル。私にとってのマイルストーンとなっ...
ブログ

ピアニスト冥利に尽きるプログラム

Szomora Tiborヴァイオリンリサイタルを終えました。私にとって、久しぶりの室内楽の殿堂と言われるトッパンホールの響きは、やはりとても素晴らしかったです。上手く言葉にできないのですが、演奏をしていくにつれ、感覚の雑味が削がれていき...
ブログ

雲井雅人&藤井亜紀 デュオ・コンサート

盛岡市にある旧岩手銀行赤レンガ館でのコンサートを終えました。北は青森、南は大阪から聴きに来て下さった方々、ほんとうに有難うございました。意外にも岩手での演奏が初めてだった雲井氏の極上のサウンドは、お客様の体の隅々にもの凄いエネルギーとなっ...
ブログ

“音楽に国境はある”からこそ、素晴らしい。〜ガムラン初体験〜

先日思いがけず、ほんの少し!だけガムラン(青銅打楽器による合奏)演奏に加わる貴重な経験をした。昔、バリのガムランのコンサートを聴きに行った時に、神聖かつ一寸のズレのない、例えば32ビートでハイパーなアンサンブルを繰り広げような凄い世界に驚...
ブログ

Premiere: “4 Choreographies,” for solo piano (2022)

ブラジルの作曲家・Luiz Castelōes氏から献呈されたピアノのための新作 "4 Choreographies," for solo pianoがプレミア公開されました。氏から贈られた作品の第2弾です。スコアとともにLuiz氏の音世...
ブログ

1918年に海を渡ってきたピアノ

先にご紹介した旧盛岡農林学校(現在は資料館)の二階ホールには、式典のたびに音楽を奏でてきた、1918年(大正7年)にベルリンから海を渡ってきたSTEINBERG 製アップライトピアノがあります。資料館にふらりと立ち寄った時に、偶然その存在...
ブログ

懐かしさを感じる場所

時間が空くと足繁く訪れる場所。ここは岩手大学構内の農学部附属植物園と旧盛岡農林学校(現在は、農業教育資料館として貴重な資料が展示されており、一般公開されています。)で120年の歴史があります。現在、137科、530属、約800種以上の植栽...
ブログ

Japanese Garden’s Etude (春ver.)

ロンドンの作曲家・Nimrod BorensteinStudio407の録音エンジニアの酒井崇裕氏が、美しい春ヴァージョンを制作してくださいました。大感激!酒井さん、有難うございます。 桜の季節に🌸。イギリスの作曲家、Nimrod ...
ブログ

数えきれない素晴らしい思い出とともに♪

2月22日は、長く務めた取手松陽高校音楽科の最終出勤日でした。早いもので、もう1ヶ月が経とうとしています。その日は二年生のレッスン日でした。全て予定を終了し、御世話になった先生方にご挨拶をし、後ろ髪を引かれる思いで学校を後にしようとしたら...
ブログ

新たな生活をスタートさせました。

雄大な岩手山に見守られ、街中に流れる川がキラキラと輝き、穏やかな時間が流れる素敵な街、盛岡。先日、岩手大学教育学部音楽教育科、および大学院総合科学研究科の准教授として着任しました。早速、先日は卒業演奏会を聴くことができました。(堂々とした...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました